そう言われましても…

ITmediaに面白い記事がありました。
プラズマテレビは生き残れるか by ITmedia ライフスタイル
ここで麻倉怜士さんという方が次のように仰ってます。

 これからは、1つのディスプレイでなんでも観るのではなく、コンテンツによってディスプレイを分けてみるというスタイルになっていくのでしょう。従来のような情報型コンテンツは液晶テレビ、感動・情緒型コンテンツはプラズマ、と使い分けていけるようになるといいですね。主役はディスプレイではなく、コンテンツなのですから。ディスプレイが道具だとするならば、内容にもっともふさわしい道具を使いたいものです。

…そんなブルジョアには、どう頑張ってもなれなそうです、ハイ(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です