難事例のブリーフセラピー

難事例のブリーフセラピー―MRIミニマルシンキング 難事例のブリーフセラピー―MRIミニマルシンキング
リチャード フィッシュ カリーン シュランガー Richard Fisch

金子書房 2001-06
売り上げランキング : 321222

Amazonで詳しく見る by G-Tools

購入してすぐに読んでいたのですが、改めて読みたくなって…最近読み終わりました。
長谷川先生も書かれていますが、特にフィッシュ先生は「おっとり」してますね(笑)
実際にMRIに伺って勉強させていただいたときも、なんだか「達観」されているという感じでした。
シュランガー先生は家族思いの素敵なママという印象でしたね(^^)
「今日は子どものサッカーの試合で急がなくちゃいけないの」と言いながらも、親切にいろいろと教えてくださいました。
実際にお二人にお会いしてお話を聞き、面接場面のビデオを見せていただいたということもあってか、読んでいても何となくイメージがわくというか、すっと入ってくる気がします。
何度も読み返して反すうしないと、定着するという段階には至れなそうですが(>_<)

「難事例のブリーフセラピー」への2件のフィードバック

  1. PENさんのレポート読んで、私もMRI行ってみたかったんですよね。
    卒業旅行にMRI見学行きたいねーなんて言ってたんですが、実現可能性は低いかなー…;

  2. つたないレポート読んでくれてありがとう(>_<)(笑)
    ホントにじっくり行って勉強してみたいよねぇ。
    行けるときに行っちゃお♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です