過労自殺と企業の責任

過労自殺と企業の責任 過労自殺と企業の責任
川人 博

旬報社 2006-07
売り上げランキング : 133628
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

奥谷さんみたいな方もいらっしゃいますからねぇ(^^;

「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋
2007年02月07日20時38分
 過労死するのは本人の自己管理の問題——。労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の分科会委員、奥谷禮子氏(人材派遣会社社長)の週刊誌インタビューなどでの発言をめぐって、7日の衆院予算委員会で論議があった。民主党の川内博史議員が「あまりの暴言だ」と指摘。柳沢厚労相も「まったく私どもの考え方ではない」と防戦に追われた。
 奥谷氏は、一定条件を満たした会社員を労働時間規制から外す「ホワイトカラー・エグゼンプション」(WE)の積極推進論者。労働時間規制をなくせば過労死が増えるとの反対論に対し、経済誌「週刊東洋経済」1月13日号で、「経営者は、過労死するまで働けなんていいません。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います」などと反論。また「祝日もいっさいなくすべきだ」「労働基準監督署も不要」とした。労政審分科会でも「労働者を甘やかしすぎ」などと発言している。
 奥谷氏は朝日新聞の取材に対し、「発言の一部分だけをとらえた質問は遺憾だ。倒産しても、会社は社員を守ってくれない。早くから自律的な意識をもつべきで、労働者への激励のつもりで発言した」と話した。

こう考えてらっしゃる方…意外と(?)多そうな気もしてなりません(苦笑)

“過労自殺と企業の責任” への 2 件のフィードバック

  1. 死ぬまで働くのも嫌だけど…
    働く先も見つかりません(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です