シンポジウム

東大病院こころの発達診療部のシンポジウムに行って参りました。
こころの発達診療部:公開シンポジウム「 治療教育を考える」
脳科学や遺伝子研究についてはかなり興味深い領域なので、面白く聞かせて頂きました。
理化研の研究成果については、ネットにも上がっていたりするのでチラッとは見ていたんですが、ちゃんとお話を聞けたのも良かったです。
ペアレントトレーニングや、認知行動的支援については、まさにというお話でした。
親子間の悪循環を、親の行動を変えることで変えていくというのも、なるほどという感じ(笑)
全体的に駆け足な感じでしたし、もっとじっくりでも良かったかもしれませんね。
しかし、脳科学や遺伝子研究の成果が、表舞台で治療に活かされるようになるのは…いつの話なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です