右クリックでsafariが落ちる

Mac OS X 10.4.11、Safari 3.1 にした辺りからですが、safariのウィンドウ上を右クリックすることで100%落ちるようになりました。
もちろん、control + クリックでも同様です。いざ使えなくなってみると…これが使えないというのはかなり不便ですね。
safariStandを外してみたりなどの策は講じてみたのですが、一向に解決せず。
muta’s mac scribbling様にも以下のような記事がありました。

多分OS10.4.11、Safari3.0.4のアップデートあたりからだと思うが、Safariで表示しているリンク上で右クリックでコンテクストメニューを表示しようとすると、Safariが落ちてしまうようになった。
この再現率はほぼ100%で右クリックではなくcontrol+クリックでも100%落ちる。
なのでSafariではコンテクストメニューは御法度になってしまった。mac onlineware searchをコンテクストメニューのサービスに入れているので、これがSafariで使えなくなってしまったというのは、結構不便だ。
最初は何かのプラグインが原因なのか、一連のシステム+Safariのモタリと同根のトラブルなのかと思っていたが、これらの問題がほぼ完全解決した今でも、なぜかこの問題だけは未解決で残ってしまった。

職場で使っている10.5.2上のsafariはまったく問題ないので…何かOSとの絡みなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です