助かりました

1.基本はテキストエディタなどでcsvを開いてutf-8で保存しなおす。これで大抵は行けるはず。

情報源: Rで不正なマルチバイト文字とか言われたら・・・? – kingqwert’s diary

そういうことだったのか、助かりました。

研究は楽しい

一人では辿り着けない着想に至るチームでの研究。楽しいですね。

昨日は大学院時代からお世話になっている教授の元で研究のための集会が催されました。
テラスから見えるのは広大な海という贅沢な環境で、昼過ぎから夕方までデータの分析、検証、議論。
一人では思いつかないような発想が出てきたり、次の研究のアイデアが浮かんだり。
こういう時間をもつことが出来るのは幸せだと思います。
夜までじっくり時間を頂けた教授にも感謝。

悲しいのは…研究を外に出すかたちにすることにあまり興味がないこと…。

細胞から考える「健康ノウハウ」

以前セミナーに参加したことがあるためか、大森先生の勉強会のご案内を頂きました。
こちらのウェブサイトにも案内が出ています。
面白そうではあるのですが…案内を頂けたのが第一回の開催が終わってからなんですよね。
いろいろ勘ぐってしまいます。

学会誌って場所とりますよね

学会誌って何かと場所とりますし大変ですよね。どうしてくれましょうか。

年会費や大会の参加費など、継続的にかかわっていくだけでもお金のかかる学会ですが、それにもまして厄介なのが学会誌。
広い部屋ならいいのかもしれませんが、定期的に届く学会誌を保管しておくだけでも大変。

でも、よく考えたら、わざわざ紙のまま保存しておく必要もないのでは?
スキャンして PDF にでもしてしまって、データベースにまとめておいて、合わせてオンラインストレージにでも保存しておけば、出先からでも見れたりして、結構便利に使えるのではないか、と考えてみたり。

どうでしょう?

研修

全4回の研修の講師を担当しています。
一昨日3回目が終了しましたが、今回の準備が一番大変でした。
研修前は3日連続で打合せのために集まり、前日は3つの研究分の統計処理をするために、会場近くに前乗りした上で徹夜で SPSS と戦って…いや、遊んでいましたw
大変さもありますが、その分得るものも多く、研修そのものもハッピーな時間になっているような気がしています。

しかし、楽しいですね、SPSS と遊んでいる時間は。
研修中もずっと分析してた気がしますw

アラキドン酸

outlandos d’amour: ADHDとADD アラキドン酸が神経新生を促す

かなり前からアラキドン酸の関連はちらほら出ていましたが、眉唾物扱いで終わるかとも思っていたら、意外と研究進んでいたんですね。
日本だとこういう栄養学的なアプローチは受け入れられないような気もしていましたが…時代は変わるのでしょうか。